ホットワックスの掛け方

ホットワックスの掛け方

新しく買った板は最初からベースワックスが掛けられている状態です。正直このままでも滑走は可能ですが滑る度にソールは汚れやすくワックスも落ちていきます。国産のボードはソールの作りが丁寧なので多少手を抜いても滑りがイイと好評ですね。でも結局のところハイシーズンならそのままで十分かな。

しかしせっかくベースワックスで下地を作ってくれたのですから一度は滑走ワックスをかけたいですよね。面倒くさくてもスプレーの簡易ワックスはその時は滑りは良くなるかもしれませんが長期的に見てソールを汚しますし、痛めるので使用しないようにしましょう。

また人によってはベースワックスを繰り返し掛ける人もいます。ベースワックスには設定温度がありまして、この設定温度が高い順で掛けるとより完璧ですね。これをシーズン初めに行っておけば板の基礎パワーは十分に保持されます。よく「全雪質対応」とか「オールラウンド」となっているものでもOK。ワックスも安くはないので。

この動画はかなり丁寧ですね。こんな感じにやればいいと思います。ワキシングペーパーは使ったほうがワックスの節約になりますね。均等に伸ばせますし。無いときや面倒くさい時には直でやっちゃっていますがマネしないようにお願いします。

温度ですが固形ワックスをアイロンに当て溶かしますよね。その時に煙が出たら温度が高いです。

ベースワックスと滑走ワックスの違いについてですが、簡単に言いますとベースワックスは下地でありその下地を保護もしくは滑走性を高める為に滑走ワックス(フッ素配合)を掛けます。この滑走ワックスも下地があってこそ性能を発揮するのです。

ワックス選びですがマツモトワックスやガリウムワックスが定番となっていますね。フッ素配合のものはシャバ雪など板の走りが悪いな〜と感じたときや、明日は気温が上がるっぽいな〜微妙だな〜って時に掛けると効果を発揮します。

このホットワックス作業に必要なもの
  • アイロン
  • ワキシングペーパー(これに染み込ませれば均一に伸ばせる)
  • 固形ベースワックス(温度はオールラウンドで十分)
  • 固形滑走ワックス(雪の状況に応じて、こだわる人用)
  • スクレーパー(固まったワックスを削る)
  • ブラシ(削った後のストラクチャーという溝のワックス屑を排除)
  • シート(板の下に敷けばワックスの屑などの床への付着を防げる)
  • 発泡スチロールブロック(バインディングを付けたままワックスがけするときに重宝)

こんな感じですけどワックスセットが売られているのでそれを買った方が一番安上がりですし確実ですね。発泡スチロールのブロックはよく100均に売っていますよね。

→マツモトワックス入門セットはこちら

ワックスが全く掛かっていないボードで滑るとどうなるのでしょう?

雪質にもよりますが雪がソールにくっついてスケーティングすら(リフトにのることすら)出来ません。板が進まないのですから。もちろんそれで上まで行ってしまっても滑って降りてくることは出来ませんので注意しましょう。

結局のところ・・・

競技をする方で数秒を競う世界ではない限りそこまでシビアに考えることではないと思います。シーズンで数回だけ滑りに行くという頻度ならベースワックス1回かけるだけで十分かと。むしろ購入時にお店が掛けてくれたのならそのままで十分かと。

それで春に突入しシャバ雪を滑るとなればフッ素配合の滑走ワックスの高めの設定温度もしくはオールラウンドタイプで十分じゃないかなと思います。

篭もり生活をしていて毎日滑るという方はベースワックスを何回も掛けて完成させておけば後が楽になります。当サイトのライダーはベースワックスを削らずに塗りっぱなしでシーズンを終えていました。黄砂の時期や締まった雪が溶け始める時間帯じゃ雪の温度が急激に変わりますのでもう板が走りません。いわゆるストップ雪ですね。前足の太ももがパンパンになります。こういう場合にはもう滑走ワックスを塗っていてもどうしようもないと思います。ストップ雪では怪我をし易いので早めに上がることをオススメします。

新品ではなく中古ボードにホットワックスを掛ける、シーズン途中に掛ける。

新品の状態からなら汚れも少なく軽くブラシを掛ければいいのですが、中古ボードやシーズン途中でワックスを掛ける場合には一度汚れを落とす必要があります。ボードのソールには細かいストラクチャー(溝)があってそこに細かいゴミや汚れが付着し滑走性能を下げています。

なので一度リムーバーで汚れをリセットしてあげましょう。ワックスセットには大体リムーバーが付属されていますのでキッチンペーパーに染み込ませてソールをキレイにします。

ワックスセットには「クリーニングワックス」というのも入っていたりします。これはワックスで汚れを浮かしてワキシングペーパーにて拭き取るという感じです。クリーニングワックスをアイロンで溶かしてワキシングペーパーをアイロンで挟んで伸ばします。普通にワックスを掛けているのと同じ作業工程ですね。こちらはキッチンペーパーでは毛羽立ちますのでワキシングペーパーを使用しましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る